マックが業績不振に陥っている大きな要因とは?

TOP > マックが業績不振に陥っている大きな要因とは?

マックが業績不振に陥っている大きな要因とは?

ハンバーガーチェーン店で最大手のマクドナルドは
連日多くの人が足を運ぶ人気店で、
景気がよい話がかなり目立っていました。

ところが近年は客足が減少し始めており、
数字にもそれがドーンと出てしまっています。

2013年の12月の利益は100億円だったそうですが、
それは1年前の同じ月と比べると58%も減った数値です。

約半分に減ったことになるのでなかなか深刻です。

なぜそこまで落ちぶれてしまったのかというと、
原因は現場にあると指摘されています。

とりあえず数値だけみると高級品の売上が
思ったように伸びなかったことや、
お客の数が減少したことが読み取れるといいます。

目立つのは子供のが数が減り
高齢者やビジネスマンが増えたことです。

以前はサンキューセットで一世を風靡しましたが、
最近は周りが高級路線に切り替わってきてるということで
マックもそれに打ち出します。

マックカフェはその象徴ともいえる存在で
おしゃれ感を出して客を呼び込もうと思ったのですが、
一人一人の接客時間が長くなったことから
60秒で商品が提供できなければハンバーガー無料券をプレゼント
というキャンペーンを展開しだします。

ところが思ったような効果が見込めず、
テレビCMもあっという間になくなってしまいました。

そしてカフェ風にしたことでファミリーが利用する
雰囲気ではなくなりますます対象が大人へと偏移してしまいます。

メニューもないことから注文がしづらく、
電源を設けたことからパソコンを操作するなどして
長居する人が増えてファミリー層の居場所は
どんどんなくなってしまったわけです。

その結果、マックより他の外食チェーンへ
客が流出しだしていると考えられるといいます。

これはとても大きな痛手になると思われます。

外食業界は子供のうちから味を覚えさせることで
おとなになってもリピーターを維持するのが常套作戦であり
生き残りにもつながっていくことになります。

一度失敗すると今後数年から十数年にかけて
その影響が及んでいくのです。

そしてマックは世界的に有名な店であることから
何か動きがあればすぐ報道されてしまいます。

今でもテレビはメディアの王様ですので
それを見る人は少なくとも何千万人といるわけです。

それでなんとなく活気がないと判断され、
ますます人離れが進んでしまう恐れがあります。

あと近年は様々な情報が入手しやすくなってきており、
健康志向も相まってファストフード離れも
地味に効いている可能性も考えられます。

メニュー